スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
ケラスターゼ (kerastase)ってしってます?
ケラスターゼ (kerastase)ってしってます?


ケラスターゼ (kerastase)
1964年パリで生まれたヘアエステティックの
最高級ブランド!!。
あこがれのヘアエステ
一度やってもらったら気持ちいいだろうなあ


ケラスターゼ(Kerastase)ってきいたとき
何か特別な科学物質
または化合物か酵素かな???
って考えたのよね。それで髪をきれいにするのかって。
でもホントは違うのね
ケラスターゼ (kerastase)は1964年に
「健康な頭皮から健康な髪が生まれる」
という画期的な理念に基づいて作られた造語。

でも。
なんだか、
きれいになる酵素配合とかだったら
やっぱり同じかも。
まあ、とりあえず

ケラスターゼ(Kerastase)というブランド名は、
毛髪を意味する「ケラチン」と、
美しさを意味する「スターゼ」
という、髪をきれいにしちゃいます
ってことばなわけ。


ケラスターゼ (kerastase)は1970年頃に
髪のダメージを状態として3つに分けた。
それはドライ、オイリー、ダメージです。

何でも分類して考えるのが
西洋人。
何でもいっしょくたに
感かくて感じるのが東洋人??
まいっか。

ケラスターゼ (kerastase)
この三つの髪のトラブル別に分けて考えたわけ。
スキンケアではあたりまえですが、
ケラスターゼ(Kerastase)では
これを髪にも広げたわけですね。

ケラスターゼ(Kerastase)は
カウンセリングを通じて
顧客一人一人のタイプにあわせてヘアケアを行うようになったのです。
そのご、各エステもケラスターゼ (kerastase)が提唱する
この髪のダメージ別のカウンセリング
という考え方が広がっていきました。

そんでもって、
1980年代には
髪のダメージの度合いに合わせて
製品を選べる方式を採用して、
そんですごいのが、
サロンで行われるエステの効果って、
そこだけで、それだけじゃん。
だから、
自宅でもそのエステ効果をキープする必要があるわけ。

当たり前といえば当たり前だけど
昔は、エステ行って髪きれいにしてもらったら
次まではいつものシャンプーだった。
そこで
エステの髪の美しさを美しくキープするための
「ホームエステ」という概念を初めて確立した。
ってこと。

これにより、サロンとホームという
2つのケアシーンを合わせた商品ラインナップが登場した。

結局
2カ所で売れるものをそれぞれ作ったってこと
やるよねえ。
| se289 | 18:20 | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:20 | - | - | - | - |