スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
Entry: main  << >>
日焼け対策
日焼け対策の話ですが
ビール飲んあと日に当たると
日焼けしやすくなるって知ってました?

アルコールを飲んだときや、
体内にアルコールが残っているときも
日焼けしやすくなるんです。

ですから
日焼けしたくない人が
屋外でビアガーデンとかで
ビールを飲むときなどは注意しましょう。


日焼けをと食べ物の関係は考えてみましょうか・
日に焼けちゃった後
食べ物で何とか負けを防ぐ方法

どうしたらいいでしょうか?

日焼けによる皮膚のダメージを回復させるには、
新陳代謝を活発にする働きをもつ
ビタミンA、C、Eを多く含む食品を中心に、
バランスのとれた食生活を心がけることが大切。
ビタミンA、C、Eってどんな食べ物にあるのか見てみました。

日焼けに効く食べ物。
ビタミンA・・・うなぎ、卵黄、バター、かぼちゃなど。
ビタミンC・・・柑きつ類、芋類、大根、海苔、緑茶など。
ビタミンE・・・胚芽米、玄米、植物油、豆類、サンマなど。

ここで注意!!

ビタミンCが肌によいと、
レモンをせっせと食べる人がいるけど
レモンやライム、パセリ、セロリ、春菊、みつ葉
に含まれるソラーゲンという物質は光毒性があり、
一度にたくさん食べて直射日光を浴びると
実は!!
シミができやすくなります。
海や山にでかける日は、
ソラーゲンを含む食品を多量に食べることはやめましょう。

あとは
人口甘味料や防腐剤など添加物を多く含む食品を大量に食べたり、
精神安定剤やピル、鎮痛剤、抗生物質などの薬も
種類によっては皮膚が日光に過敏に反応して
シミができやすくなるので、注意が必要。
これはちょっと詳しくわかんないから
病院で聞いてね。


| se289 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:06 | - | - | - | - |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/07/04 12:34 AM